スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過去記事】アナルを切望する女 智絵(仮名)その7

【注意!過去記事です】

智絵(仮名)さんについて過去のお話をエントリーさせていただいていますが、今回は先日久しぶりに逢ったときのアナルセックスについてのエントリーです。

待ち合わせたのは某私鉄駅傍の喫茶店。
相変わらず小柄な彼女。
その小柄さで更に強調されている豊満なバスト。

暫くぶりに逢った彼女は、少し髪を短くしていました。

喫茶店で水出しのアイスコーヒーを飲みながら、彼女とお話です。

「あれから、どう?してるの?貴女の好きなの」

「えっ?」

「貴女の好きなアナル、彼氏に開発してもらってる?」

「い・いいえ・・・」

「どうして?」

「だって・・」

「彼氏には言ってないんだ、貴女の好きな場所」

「はい、言えません・・」

「どうしてかな?」

「だって・・彼・・そういうの好きじゃないって思うし・・」

「どうして?そんなの言ってみなきゃ分からないんじゃない」

「でも・・」

「彼氏に嫌われるって思ってるんだ」

「そうじゃなくって・・下手って言うか・・彼、あんまり・・」

「ふーん、そうなんだ。じゃあどうしてたの、私と逢っていない間」

「自分で・・して・・ました」

「何を?」

結構混雑している喫茶店での会話です。
けっして小声ではなく、普通の声量で。
お隣の席のカップルには、十分聞こえている筈。

「自分で・・オナニー・・してました」

「どこを?」

「あそこ・・を・・」

「どこ?オメコ?」

「そこもだけど・・お尻も・・」

「ふーん、お尻弄ってたんだ。お尻でオナニーしてたんだね」

「は・・い・・」

「それは?何て言うの?」

「アナル・・オナニー・・」

「違うでしょ、この前どう言うか教えてあげたでしょ」

「はい・・尻穴・・尻穴オナニーです」

お隣の席のカップルは、もう会話してません。
彼女はお隣の席のカップルに聞かれている事を認識しています。

そんな状況で30分ほど彼女を会話で苛めた後、場所を移動します。

「じゃあ、行こうか?」

「は・い」

ホテルに入り、彼女にブラウスを脱ぐように命じます。

ブラに包まれた豊満なバストが作る深い谷間。
その谷間を眺めながら、彼女の口で奉仕を受けます。

c011.jpg


つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【過去記事】お尻の大きな女

【注意!過去記事です】

このブログを通じて知り合うことができた女性と、先日逢ってきました。

彼女は自分の悩みを、私に打ち明けてくれました。
曰く

 太っている。
 とりわけお尻りが大きいのがコンプレックスである。
 その所為でセックスに対して男性に積極的になれない。
 でも、もっと感じる事がしてみたい。

彼女は40代前半の人妻さん。
まだまだ性を楽しみたい年齢です。
決心して私に相談してくれたのですから、私も真摯にお答えいたします。

普通は

 男性の好みもいろいろあるから、豊満な女性が好きな男もいますよ。

とか言うのでしょうけど、それ位のことは彼女だって分かっているはずです。
だったら彼女がコンプレックスだと思っていることを、本当は彼女の魅力的な部分だと思わせてあげましょう。

私は豊満な女性、好きです。
細めの女性も好きですが・・

豊満な女性は母性の象徴。
その象徴を支配し、甚振り、汚す。
背徳的、非道徳的な禁忌行為。

そういった事を認識していなくても、性的興奮を覚えるのは本能。
為政者によって封印された、性の開放。

巨尻を苛めるのは、興奮すること。
その巨尻を持つのは、素晴らしいこと。

さあ
彼女に逢って
彼女の巨尻の素晴らしさを
彼女自身に感じてもらいましょう
 
・・・
ここで公開できる画像は、多くありません。
また行為の内容も詳しく書けません。
彼女との約束です。

今後、彼女の許可がおりたらエントリーさせていただきます。

b002.jpg


彼女のコンプレックスの源であるお尻。
それを強調させるポーズをとらせます。

b001.jpg


自分の巨尻の魅力を、十分に理解してもらえるプレイだったようです。
彼女の笑顔の画像を、皆様にお見せできないのが残念です。

【過去記事】アナルを切望する女 智絵(仮名)その6

【注意!過去記事です】

智絵(仮名)の豊満なバストによる奉仕で、十分に勃起したペニス。
そのエレクトしたペニスを智絵(仮名)に見せ付けながら、智絵(仮名)に聞きます。

「大きくなったね?」

「はい」

「誰が大きくしたの?」

「・・私・・です」

「どうやって大きくしたの?」

「胸で・・」

「もっとやらしい言葉で言ってみて」

「・・・胸で・・私の胸で扱いて・・・大きくしました」

「これでどこを苛めてほしいの?」

「お尻・・」

「え?どこ?」

「お尻・・アナルにください」

こんな会話をしながら、鞄から取り出したアナルビーズを智絵(仮名)に手渡します。
恐る恐るアナルビーズを手に取る智絵(仮名)。

「これ、知ってるよね?」

「はい・・」

「使ったこと、ある?」

「ありません」

「でも、使い方知ってるよね?」

「・・・・」

「自分で入れてごらん」

「は・・い」

おずおずとアナルビーズにローションを塗る。
アナルに最初のビーズをあてがい、しばらく躊躇したあとに押し込み始めました。

ビーズが一つ入って行く度に、ため息のような声を漏らす智絵(仮名)。
ゆっくりと、一個一個。

時間をかけて全部のビーズを挿入した智絵(仮名)に話しかけます。

「全部飲み込んじゃって、いやらしい子だね」

「そんなこと言わないでください・・・」

「自分のアナルがどうなっているか、指で確認してみなさい」

「・・はい・・」

自分のアナルに指を伸ばし、アナルビーズの柄の部分だけが露出しているのを確かめる。
驚きの声とも、喚起の声ともとれる様な吐息を漏らす智絵(仮名)。

c012.jpg

「それからどうするの?それは入れるだけの物じゃないでしょ?」

「はい・・」

「どうするの?」

「引き抜きます・・」

「やってごらん」

c013.jpg


ビーズの感触をアナルで確かめながら、一個ずつビーズを引き抜いていく智絵(仮名)。
ビーズが一個引き抜かれる度に、智絵(仮名)の口から漏れる声が大きくなります。

「もっと感じていいんだよ。智絵(仮名)はアナルの素質があるね」

「え・・そう・・なん・・ですか・・・」

問いかけられながらも、智絵(仮名)の指は止まりません。

c014.jpg


つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。