【過去記事】願望の女 恵似子(仮名)その6

【注意!過去記事です】

年の瀬の忙しいなか、お越しくださいましてありがとうございます。

月日の経つのは早いもので、今年もまさに暮れようとしております。
当地では大晦日とは思えないほどの暖かい日ですが、向寒の折柄ご健康にはくれぐれもお気をつけください。

ありがとうございましたm(__)m
良いお年を(^^)/~~~

----------------------------------------------

先週、
ピアシングから一週間経過した恵似子(仮名)に逢ってきました.

ピアシングを施した乳首の状態は良好で、感染等の症状も出ていないようです.
彼女によると以前にも増して、乳首の感度が良くなったそうです.

a006.jpg


早速、その乳首を苛めましょう.

充血した乳首の根元を、ニップルクリップで縛り上げる.
鬱血しさらに肥大化して、卑猥な乳首になっていきます.

a007.jpg


恵似子(仮名)の大きな乳首、素敵でしょ?
可憐で小さな乳首もいいですけど、熟女の肥大した乳首が好きです.

このエントリーをご覧のM女さま.
来年は貴女の乳首も、この様に淫らにしてみませんか?

【過去記事】ピアス願望の女 恵似子(仮名)その5

【注意!過去記事です】

翌週。
彼女との約束を果たすため、ピアシングのお道具持参で待ち合わせ場所に行きます。

ちょっと位は緊張しているかと思ったのですが、そうではないみたいです。
なんだか、嬉しそう。

ちょっとだけお茶飲んで、場所移動。

・・・・

麻酔成分の入った軟膏を使用するか聞いたところ

 「いらないです」

との返事。

それよりも、早く開けてほしくてたまらないような感じです。

殺菌消毒処理をして、スキンマーカーでピアシング位置を決めます。
小さな乳首の場合、裂けるのを避けるためにどうしても根元よりになってしまいバランスが悪くなります。
でも、経産婦の彼女は乳首も十分大きく、理想的な位置にピアシングできそうです。

彼女に位置を最終確認してもらい、フォーセプスで挟みニードルを貫通させます。

息を呑む音以外、なにも発さない彼女。
バーベルを挿入し、もう片側の乳首にも。

自分の乳首を鏡に映し、満足気な表情の彼女。
なんだか、さっきまでとは顔付が違って見えます。

a008.jpg

つづく

【過去記事】ピアス願望の女 恵似子(仮名)その4

【注意!過去記事です】

恵似子(仮名)にペニスを与えながら、メールのやり取りでは聞き出せなかった具体的な願望を聞き出します。

ペニスで喉を犯しながら、アナルをも揉み解す。
ペニスが喉の奥を突く度に、アナルがキュッと締まる。

たっぷり1時間ほど恵似子(仮名)の喉を堪能した頃には、彼女のアナルは指3本を飲み込む位に拡がっていた。
アナルの中にローションを注入し、アナルプラグで蓋をする。

恵似子(仮名)の大きく隆起した乳首を強く抓った時、彼女は願望を吐き出した。

 「ピアス・・ピアスが欲しいんです」

 「此処・・にか?」

 「は・・い・・」

 「恵似子(仮名)の主に開けてもらえばいいんじゃないか?」

 「御主人様はいません・・だから・・」

 「主ができてからでもいいんじゃないのか?」

 「でも・・開けて欲しいんです」

 「主もいないのに、ピアスしてどうするのかな?」

 「自分で・・自分で弄ってみたり・・鏡で見たり・・」

 「見たり?」

 「自分が恥ずかしい雌豚なんだって・・厭らしいM女なんだって・・」

 「雌豚なんだって?」

 「自分がそんな女なんだって確認したいんです・・毎日・・」

乳首へのピアス、かなり太いゲージです。
14ゲージ位・・痛いです。

 「痛いよ?」

 「はい・・」

a004.jpg



つづく