スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口淫好きな女 知里(仮名) その2

彼女と二回目の逢瀬です。
実は彼女、結構大きなお孫さんがいらっしゃるそうです。
卒母直後にお孫さんが生まれて、自由時間を孫に奪われちゃったと愚痴をこぼされてました。

その反動で今は大好きなペニス三昧。
彼女の旦那さんには出来ない事を私のペニスで実践されてます。

今日のデートは情熱的な真っ赤な下着。
ベットに入るや私の下着を脱がしつつ自分も脱いでいきます。
お歳に似付かわしくない整ったボディに愚息も反応しだします。

前回とは違っていきなり咥えたりはしません。
凝視するでもなく、
触るでもなく、
ペニスに鼻先を近づけてきます。

今日の彼女のお願いは
 ペニスの匂いを嗅ぐ
だそうです。

恍惚とした表情で味わって?ます。

k002.jpg

つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

口淫好きな女 知里(仮名) その1

フェラチされるのが嫌いな男性は皆無だと思ってました。
でも色々な女性と付き合わせて頂いたり、お話をお伺いするとフェラチが嫌いな男性はいらっしゃる様です。
陰茎を舐める行為を男性が嫌う理由は人それぞれぞれ。
潔癖症だったり、パートナーがそういう行為をする事への嫌悪感だったり、パートナーにフェラチせる事の罪悪感だったり。

でも舐めたいと思う女性がいらっしゃるのもまた事実。
ペニスを舐める事で昂ぶりたい。
そんなご自身の思いを相談してこられたのが知里(仮名)さんです。

お話をお聞きすると男性経験の極めて少ない女性で、お付き合いされた男性も旦那さんを含めて女性経験の少ない方ばかりだそうです。
彼女自身は舐めたい以上に喉奥を犯されるような口淫を楽しみたい願望をお持ちのようです。

お逢いした彼女は隣県にお住まいの主婦さん。
50代には見えない感じです。

お食事をして少しお酒を飲み会話を楽しみます。
彼女の願望をお聞きするうちに本当にペニスを楽しんで舐めたい気持ちが分かりました。

20171112011752594.jpg

好きこそ物の上手なれ。
見てあげてください、この舐めっぷり。
経験数が少ないのにかなりお上手です。
上顎と舌との絶妙なコンビネーション。
密かにディルドか何かで練習してません?

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。