スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過去記事】ピアス願望の女 恵似子(仮名)その2

【注意!過去記事です】

恵似子(仮名)との何度かのメールのやりとりでも、彼女から特に具体的な願望は聞き出せません。
夫とのセックスが淡白な、夫の一人よがりなもののため、「もっと構ってほしい」という願望が「苛めてほしい」という感情へと勘違いさせていまっているのではないか?私は、そう考えていました。

彼女からのメールは、何時も長文。
首尾一貫した美しい日本語。
理路整然とした表現。
その中に並ぶ異形な感情。
「プライドを破壊されたい」
「徹底的に服従させられたい」
「私の体を調教してほしい」

幾度かのメールの後、彼女と逢うことになり、私は「責める」からではなく「奉仕」から求めることにしました。

ホテルの一室で彼女から彼女の文章ではなく、彼女の言葉として聞いてみても、メールとの違いは感じられません。
会話が途切れたとき、私は彼女にいきなりペニスを与えてみました。

a002.jpg

つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。