スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過去記事】アナルを切望する女 智絵(仮名)その1

【注意!過去記事です】

c001.jpg


「ピアス願望の女 恵似子(仮名)」の続きはお休みさせていただいて、先日久し振りにお会いした智絵(仮名)さんの事をエントリーさせていただきます。

彼女と知り合ったのは、某ショップの受付。
ショップの制服に包まれた小柄な体。
気の強そうな態度とは裏腹の、「被征服欲」を湛えた瞳。

一目で彼女の性癖が「M」である事がわかりました。
何度かそのショップを訪れて、デートの約束をとりつけます。

最初に関係を持ったのは、飲みに行った帰りでした。
その時は「普通」のセックスをして、ピロートークで彼女の性癖を探ります。

「何人ぐらい経験あるの?」

気の強い彼女は、普通に答えます。

「5~6人かな」

「ふ~ん、その中でどんなのが一番エロかった?」

「ん~・・・、ピアノの上に寝かされてしたことかな・・」

なかなか居ませんよ、ピアノの上でなんて。
当然アップライトじゃできませんから、グランドなんでしょう。

「じゃあ、一番感じたことは」

「あんまり無いな・・イッタことは一度位しかないの」

「えっ、一度しかないの?もったいない」

「うん、今日もいっぱい感じたけど・・」

「一度だけイッタ時って、どんなセックスだったの?」

「あれはね・・・車でデートしてたの」

「それで?」

「高速道路のパーキングで、人気が無かったからスカートのファスナー開かれて、パンツ脱がされて弄られたの」

「それでイっちゃたの?」

「ちがうの。その後違うパーキングいって缶ジュース買ったの」

話がよく飲み込めません。

「それで?」

「そのパーキングは結構たくさん人が居たのね。私が缶ジュースを買おうと車から降りたら、スカートが脱げちゃったの」

「弄られたままファスナー閉めてなかったんだ?パンツは?」

「彼が返してくれなかったから、履いてなかった」

「じゃあ、皆に見られたんだ?」

「うん、結構たくさんの人に」

「恥ずかしかった?」

「うん、でもドキドキしちゃった」

M女確定です。

つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。