スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過去記事】ピアス願望の女 恵似子(仮名)その4

【注意!過去記事です】

恵似子(仮名)にペニスを与えながら、メールのやり取りでは聞き出せなかった具体的な願望を聞き出します。

ペニスで喉を犯しながら、アナルをも揉み解す。
ペニスが喉の奥を突く度に、アナルがキュッと締まる。

たっぷり1時間ほど恵似子(仮名)の喉を堪能した頃には、彼女のアナルは指3本を飲み込む位に拡がっていた。
アナルの中にローションを注入し、アナルプラグで蓋をする。

恵似子(仮名)の大きく隆起した乳首を強く抓った時、彼女は願望を吐き出した。

 「ピアス・・ピアスが欲しいんです」

 「此処・・にか?」

 「は・・い・・」

 「恵似子(仮名)の主に開けてもらえばいいんじゃないか?」

 「御主人様はいません・・だから・・」

 「主ができてからでもいいんじゃないのか?」

 「でも・・開けて欲しいんです」

 「主もいないのに、ピアスしてどうするのかな?」

 「自分で・・自分で弄ってみたり・・鏡で見たり・・」

 「見たり?」

 「自分が恥ずかしい雌豚なんだって・・厭らしいM女なんだって・・」

 「雌豚なんだって?」

 「自分がそんな女なんだって確認したいんです・・毎日・・」

乳首へのピアス、かなり太いゲージです。
14ゲージ位・・痛いです。

 「痛いよ?」

 「はい・・」

a004.jpg



つづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。